HOME > 活動内容のページ

活動理念

1. 主に一般家庭から出る地域の廃食用油(使用済みてんぷら油)の回収を行い、一般家庭ゴミとして廃棄される廃油を削減する。
 廃食用油回収の活動は行政主導で活動するのではなく、住民主体の協力で行い、地域コミュニティの一助となる住民中心の活動であることを信念とし、地球環境に対する意識を皆で高める。

2. 回収廃食用油は軽油代替燃料の原料として、地域でバイオディーゼル燃料に精製し、ディーゼル車に使用(BDF100%)することで循環型社会を目指すとともに環境保全・地球温暖化防止活動へ貢献する。 
 このバイオマスとしての利用普及を京都府北部地域を中心に啓発活動し、他地域へも拡大する。

3. 「廃食用油は再生可能な資源である」ことの認識と軽油代替燃料として再利用することで地球温暖化防止活動の一環となることを広く地域住民へ波及させ、さらに若い世代へ繋げるために、学校教育の環境保全学習の支援活動に協力する

廃食用油の再資源化

回収された廃食用油は、丹後にてC-FUEL(バイオディーゼル燃料)製造機<(株)レボインターナショナル製>によって高品質な軽油代替燃料として生まれ変わります。
平成18年度 農林水産省「広域バイオマス利活用」事業において、潟激{インターナショナルと協働で当会本部(与謝野町)にC-FUEL(バイオディーゼル燃料)小型製造設備が完成し、現在稼動中です。
製造されたC-FUELは京都府北部全域(舞鶴市の公用車・京丹後市清掃業協会のパッカー車・与謝野町給食センター配送車他)〜豊岡市に供給されており、各車両にC-FUEL100%使用で走行中。

▲ページトップに戻る